ニュース


予告・新場面写真解禁。

2024/06/28(金)

このたび、『PERFECT DAYS』で第 76 回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞に輝いた役所広司さんからのコメントが到着!海外メディアの絶賛レビューと合わせた予告映像と、シーン写真 10 点を一挙解禁しました。

映画『ぼくのお日さま』60秒予告[レビュー編]

コメント&レビュー全文

清潔で美しい映画でした。全ての俳優さんが魅力的でした。奥山監督の俳優の自然な魅力を捉える見事な演出と映画的センスが素晴らしい。
―― 役所広司

Nothing feels haphazard or anything less than picture-perfect
絵に描いたように完璧。それ以外無計画に感じられるものはない
―― VARIETY

A deceptively sweet little heart warmer that eventually cuts deeper
一見甘くてかわいらしい映画だが、やがてより深く心に突き刺さる、心温まる作品
―― SCREEN DAILY

There is no question Okuyama is one to watch
奥山が注目の新鋭監督であることは間違いない
―― DEADLINE

Bathes us in the warm glow of nostalgia
観客をノスタルジックな温かい輝きで包みこむ
―― the Hollywood reporter

Japan would be wise to submit my sunshine for the best international feature oscer
日本は、本作を最優秀国際⻑編アカデミー賞に選出するのが賢明だろう
―― INDIEWIRE

予告映像にあわせて、今回新たに解禁されたシーン写真は、眩い光が溢れるスケートリンクでアイスダンスのレッスンを受ける、タクヤ、さくら、スケートのコーチ荒川の姿を捉えたもの。

初めてのペアダンスで戸惑いながらも、それぞれの想いを叶えるためまっすぐに進む姿が、見るもの全てを同じ光の中に誘い込むような、繊細で美しい瞬間を切り取ったカットとなっています。

映画『ぼくのお日さま』は、テアトル新宿、TOHOシネマズシャンテにて9/6(金)〜9/8(日)の3日間先行公開がはじまり、9/13(金)より全国公開されます。

引き続き、本作にご注目ください!

映画『ぼくのお日さま』

《あらすじ》
吃音のあるアイスホッケー少年・タクヤ(越山敬達)は、「月の光」に合わせフィギュアスケートを練習する少女・さくら(中西希亜良)の姿に、心を奪われてしまう。ある日、さくらのコーチ荒川(池松壮亮)は、ホッケー靴のままフィギュアのステップを真似て何度も転ぶタクヤを見つける。タクヤの恋の応援をしたくなった荒川は、スケート靴を貸してあげ、タクヤの練習をつきあうことに。しばらくして荒川の提案から、タクヤとさくらはペアを組みアイスダンスの練習をはじめることになり……。

監督・撮影・脚本・編集:奥山大史
出演:越山敬達、中西希亜良、池松壮亮、若葉竜也、山田真歩、潤浩ほか
主題歌:ハンバート ハンバート 
本編:90分
配給:東京テアトル 
(C)2024「ぼくのお日さま」製作委員会/COMME DES CINÉMAS

9/6 (金)〜 9/8(日)テアトル新宿、TOHOシネマズシャンテにて3日間限定先行公開
9/13(金)より全国公開